私の友人はいつも私に言っていました、 「あなたは誰にも何も借りていないし、彼らもあなたにも何も借りていない」。この声明は、私が聞くのはとても不安でした。私はコミュニケーションの大擁護者なので、誰もいません 本当に フィードバック、閉鎖、ガイダンス、サポート、愛などを提供するために必要な、常にとても悪いと感じました。

愛の詩から抜け出す

数年後、年をとってから、この背後にある真実に気づきました。他の人の声やニーズが自分の声よりも大きくなるまで、自分がどれだけ自分なのかを理解できませんでした 実際に 他の人のために犠牲にする必要があります。

話したくない場合は話す必要はありません。





特にユーザーに伝えたくない場合は、ユーザーが望む言葉、会話、応答をユーザーに提供する必要はありません。

やりたくない人に手を差し伸べる必要はありません。

悪い会社や悪い状況の邪魔をする必要はありません。それは、それが簡単にできることや、より快適だからです。



誰にも何も与える必要はありません。ただし、実際に何をしたいのかを尊重することは私たち自身の義務です。私たちは、自分の内なる自分自身に耳を傾け、自分の体に良いと感じていることを聞き、そのために罪悪感や恥を感じることを拒否することを自分自身に委ねています。

私のポイントは、コミュニケーションと共感が世界を一周することです。もちろん、多くの場合、それを望んでいる人に私たちの時間を提供することは素晴らしいことです-私たちはそれを与えたくない場合でも。多くの場合、そのまま続けるのではなく、笑顔を見せることのほうが厄介ではありません。多くの場合、たとえそれが感じられなくても、誰かの平和と愛を偽装する方が快適です。しかし、それは私たちがしなければならないという意味ではありません。私たちは笑顔を見せたり、愛と愛情を見せかけたり、どこかにいるふりをしたり、そうではない何かを感じたりする必要はありません。

誰も私たちに彼らの時間、エネルギー、言葉、または好意を与える必要はありません。誰も私たちに何かを与える必要はありません。誰も私たちに何も負いません。



問題の真実は、私たちは他の人を快適にしたり、生活を楽にするためにここにいないということです。何かが他の誰かに利益をもたらすが、私たちの生活を悪化させている場合、私たちはどこにいるべきではありません。

あなたが誰かを喜ばせるためにここにいるわけではないことを忘れないでください。あなたがあなたに与えたくない部分やあなたが与えられない部分を与える必要はありません。 あなたはあなた自身の健康、幸福、そして進歩を確実にするためにここにいます。それでおしまい。