色彩心理学では、特に衣服で黒に引き寄せられることは、しばしば自分の力を取り戻したいという欲求を示します。それが特定の感情から「保護」しようとするか、人々から距離を置くか、尊重される必要性を伝えることであるかどうかにかかわらず、すべて黒を着ることを好むことは、通常、自己と他者への潜在意識のメッセージです。

色はさまざまな方法で私たちの脳を刺激し、特定の色に反応する方法は私たちが誰であるかについて多くを語ることができます。

すべて黒を着ている人は、しばしば非常に感情的で、少し神経症的で、自分が誰であり、人生で達成しようとしているものに有利に見えるように見えるものをそらしたいという欲求を持っています。





すべて黒を着ている人は、無意識のうちに、自分がコントロールできないと思う気持ちから身を守ろうとしています。彼らは通常、簡単に過剰に刺激され、不安を払拭して日々の仕事に集中するのに苦労するでしょう。単色を選択すると、確実性と「一体感」が生まれます。

しかし、興味深いのは、他の人が多くの色を着ているとき、すべて黒を着ている人が気にされないことです。すぐに動揺するのは色そのものではなく、色を置くときです自分自身で。ある意味では、彼らが最も懸念しているのは彼らのアイデンティティです。

本当の愛はあなたに戻ってきますか

特に女性は、「見た目以上のもの」になろうとしているため、すべて黒を着ていることがよくあります。



色彩心理学の研究は、黒の好みが「威信と力」を示すことを示しています。黒を着ている人は真剣に考えます。彼らは本質的に野心的であるため、彼らは自分の夢を追いかけることによって生じる可能性のあるすべての潜在的な批判と痛みから身を守りたいと思っています。すべて黒を着ている人はしばしば 駆動されますが、敏感です

そして、彼らは間違っていません。研究は、黒を着ている人に関連する多くの肯定的な属性があることを示しています。ある調査では次のように述べています。

黒は、印象づけたり、安心させたり、懇願したりするときに着る色です。人生の節約を引き継いで特権を与えてくれる人には、それに対する一定の信頼性があります...私たちの調査全体を通して、黒はほとんどの「良い」特性(たとえば、自信、知性、セクシーさ)で1番目または2番目になりましたそして、「悪い」特性(rog慢)にほとんど気づいていませんでした。」



笑笑

黒は、多くの場合、最も魅力的であると見られています。ある研究では、これは「深刻」で「信頼できる」と見なされることが多いため、自信がある。実際、女性のほぼ半数と男性の64%が黒人が自給自足をしみだすことに同意しました。黒地に黒がハロウィーンのために予約されていた時代は過ぎ去りました。結局のところ、それは最も魅力的で、自信があり、自信にあふれ、心を落ち着かせる色です。