不機嫌なことに何時間も、何日も、何週間も、何ヶ月も、私のエネルギーを使い果たしました。私はとてもresしているので、すべてについて良いことを見ることができなくなりました。私の気分変動は非常に頻繁になったので、私の周りの人々は私と一緒に良い思い出を作る危険にさらされました。私の性格を構成するのは、痛み、怒り、嫌悪感だけでした。放っておかれる痛み、だまされることへの怒り、壊れることへの嫌悪。私は一般に、状況を非難する原告、悲惨な存在でした…世界の怒り、現実には非難されるのはその人だけでした。

立ち直るのに時間がかかりました。この間ずっと私を動かし続けていた消耗した力を取り戻すために。どういうわけか、私たちが失うものは必ずしも私たちの損失ではないことを理解するのに私は永遠にかかりました。たいていの場合、私たちはまだ残っているものを認識しません。なぜなら、私たちはしばしばすでに何が起こっているかに焦点を合わせるからです。かつて私たちの毎日、私たちの「毎日」を作った特定のエンティティなしで続けることはあまりにも困難です。

私たちはこれらのものに感情的に投資しているからです。私たちは人間の努力の多くを何とか長続きさせたいものに割り当てます…しかし、運命は時々、私たちがひどく欲しいものを保持することを許しません。





関係も例外ではありません。私たちは持っているかもしれないし、そうするだろうし、私たちが愛する誰かをとても深く失うかもしれない。それは避けられないことです。どんなに頑張ろうとも、いくら抵抗しても。誰かを失うことは、いずれにせよ最終的に生き返ります。それは、ほとんどの場合、関係をどの程度良くも悪くも扱った問題ではありません-物事は私たちの制御を超えています。

人間としてできることは、先に進むことだけです…それを乗り越えて物事をさせましょう。

先へ進むことは簡単ではありません。時間を愛し、投資するのにエネルギーが必要なだけで、先へ進むにはさらに多くが必要です。最初は簡単ではありません。常に振り返って思い出したくなるでしょう。どんなに難しくても、そもそもなぜ外に出たのかを覚えておいてください。あなたの心の中に良いものを保管してください、あなたはこれらを最終的にインスピレーションを維持するために使用するからです。

tumblrハッピーエンド

覚えておくと、それはあなたのせいではなかった。悪いことも忘れないでください、あなたはこれらから学ぶでしょう。 最終的には、過去の経験で装甲されます。あなたが毎日通り過ぎるとき、あなたは前に進むのをやめるべきだと思います-あなたの心を持ち上げて、呼吸して、「私はもっと価値がある...何かもっと充実した何か」に値する。それが最初にあることを意図していた場合、それが抜け落ちていなかったことを知っています。川のように、それを手放しなさい…自然法に支配権を握らせなさい。



どうして先に進んだのかと聞かれたら、教えてください...必要だったので先に進みました。そうしなければならなかったので先に進みました。停滞し、役に立たず、不幸なままでいることは、世界には非常に多くあります。

太陽の方向に視界を変えると、光が輝き続けます。ポジティブでいることは自分の精神を高め、先へ進むことで自分を再発見し、明らかにすることができます。痛みを乗り越えて耐えることは、トンネルを抜けるようなものです。時間がかかり、参加するには悲しみが必要で、耐えるには多くの勇気が必要です。

赤ちゃんを持つことは私の人生を台無しにしました

他の方法はありませんが、光の方向を通り抜けてください...続けてください!転んでも、元気を取り戻して…自分を助けて…強くなろう!最後に、光が見えます。以前よりも明るくて美しいもの、楽しみに値するものがあります。別の障害が通過し、今、あなたが残したものの一部であり、あなたはより強く、より激しくなり、より多くの経験を獲得します...あなたはより人間になります。

勝ち負けました。愛され、取り残されました。私は信頼し、deされました。けがをした-もちろん。しかし、私はまだ生きています。私はもっ​​と強く、賢く、より勇敢になりました。私は再び愛するでしょうか?再び信頼しますか?それを取り戻すために幸福を危険にさらしますか?私の答えは明確で、二度と考えない-私は…どんなに傷ついても、私は挑戦することに飽きることは決してないだろう。



答えは驚くべきものです。自分の中の人が幸せになり、再発見され、真に新しくなりたいと思ったからです。私は、悪いものの中の良いものを見るために進みました...私がかつて失ったものの利益を見るために。

私は自分のより良いバージョンになりたかった…過去を置き去り、許すことを学び、遠慮せずにはるかに良い始まりを楽しみにしている。単にしたかったからといって先に進みました。