「私は世界の光です。わたしに従う者はだれでも暗闇の中を歩くことはないが、いのちの光を持っている。

-ジョン8:12(NIV)

クリスチャンであることは、信仰を持つことを意味します。未知への信仰。目に見えないものへの信仰。混乱への信仰。そして、それが重要なときの信仰。





時々、神は私たちを信じられない方向に導きます。彼は私たちに、私たちが生きている人生を変え、私たちの周りの人々に挑戦し、私たちが通常は自分ではしないかもしれない特定の場所や特定の決定に呼ばれるように命じます。

戦う価値がある

私たちは、魂の最も深い部分でこの奇妙な感覚を掻き立てます。私たちは、何かをしたい、時にはまったく意味のない何かをしたいという奇妙で説明できない衝動を感じますが、それを行う強い欲求があります-それが神の心への呼びかけです。

そして答えなければなりません。



神は私たちを慰めの領域から追い出してほしいと願っています。彼は、私たちを取り巻く方向に連れて行きたいと思っています。それは、私たちの周りの世界がしていることではないときでも(そして特にそうであるときでも)。

時々それは友人、家族、同僚と彼についての会話に参加することを意味します。時にはそれは信仰のより外側の象徴であることを意味します。人生全体をより神に捧げるように変えたり、宣教旅行に行ったり、神の言葉で祝福するために別の場所に移動したり、困っている人を後援したり、養子にしたりするような大きなこともありますとても必死に家族を望んでいる子供。

神の計画は時々狂っています。



彼は時々、不信者が鼻をしわにし、目を転がし、不信感で肩をすくめるようなことをするように私たちに頼みます。彼は意味をなさない方法で私たちの人生を変えるように私たちを呼び出します。 しかし、それが全体のポイントです。

彼の計画は 私たちの 計画します。
そして彼は私たちを従うように呼びます 、そして信仰を持つこと。

「私たちは御霊によって生きているので、御霊と歩調を合わせましょう。

-ガラテヤ人への手紙5:25(NIV)

神から何かをするように召されたとき、私たちは神に信頼しなければなりません。そして、私たちはそれをしなければなりません。私たちは恐れや疑念、否定性、他者の否定性を脇に置き、それがどこに導いても自分自身よりも大きなものに信頼しなければなりません。

私たちは神の光と霊で歩まなければなりません。
私たちは、神が私たちがいるべき場所に連れて来られると信じなければなりません。

私たちは、世界が何を考えているかを恐れてはならず、自分がどのように見えるか、または正しい決定を下すかどうかを恐れてはなりません。私たちは神が常に私たちの最善の利益を念頭に置いていることを信頼しなければなりません。

私たちは彼の計画、私たちの人間の基準にとって常に意味をなさない計画ではなく、他者に奉仕し、彼に奉仕し、私たちの周りの世界を祝福することを意図した計画を信じなければなりません。

「強く、勇気を持ってください。あなたの神、主があなたと共におられるからです。彼らのために恐れたり、恐れたりしないでください。彼は決してあなたを離れることも見捨てることもありません。」

-申命記31:6(NIV)

彼は決して私たちを離れたり、私たちを迷わせることはありません。
彼は私たち一人一人、彼の創造物を愛しています。

彼があなたを呼んでいることがわかったら 彼を信頼してください。

彼の計画はあなたの人生全体を変えますが、彼は良いので良いでしょう。これは約束します。